性病検査キットおすすめ
口コミでも評判の良い性病検査(性検)キットのおすすめを紹介しています。
 

性病検査キットのおすすめ

 

性病検査にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

  1. 血液検査:性感染症に感染しているかどうかを調べるために、血液検査が行われます。血液検査によっては、抗体や抗原、ウイルスRNAやDNAなどが検出されます。代表的なものに、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎などがあります。
  2. 尿検査:尿検査は、クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダなどの性感染症を調べるために行われます。
  3. 粘膜検査:性器や口内などの粘膜から、性感染症の原因菌を検出するために行われます。検査方法としては、PCR検査、塗抹検査、組織培養検査などがあります。
  4. 診察:医師が外部から見て、性器に異常がないかどうかを診察することもあります。また、女性の場合は子宮頸がん検診も行われる場合があります。

 

性病検査の具体的な内容は、検査を行う医療機関や専門機関によって異なる場合があります。性感染症に感染するリスクがある場合は、定期的に検査を受けることが重要です。また、医療機関での検査だけでなく、自己検査キットも販売されていますが、使用する際も専門機関での検査が推奨されます。

 

性病検査キットで検査できる性感染症は何?

 

 

性病検査キットは、自宅で簡単に性感染症の検査を行うことができるキットです。検査キットの種類やメーカーによって異なりますが、一般的には以下のような性感染症が検査可能です。

 

  • クラミジア:尿や粘膜検体からクラミジアを検出することができます。症状としては、尿道炎や膣炎、性器のかゆみや痛みなどがあります。
  • 淋菌:尿や粘膜検体から淋菌を検出することができます。症状としては、尿道炎や膣炎、性器のかゆみや痛み、尿の出が悪いなどがあります。
  • トリコモナス:尿や粘膜検体からトリコモナスを検出することができます。症状としては、膣炎や尿道炎、性器のかゆみや痛み、不正出血などがあります。
  • HIV:血液検体からHIV抗体を検出することができます。症状としては、発熱、倦怠感、下痢、体重減少などがあります。

 

ただし、自己検査キットによっては、感染しているかどうかの結果が偽陰性や偽陽性になる可能性があるため、正確性には限りがあります。そのため、症状がある場合は、専門機関での検査が必要です。また、自己検査キットで陽性反応が出た場合も、専門機関で再度検査を受けることが推奨されます。